縦型双子ベビーカーのキンダーワゴン(kinderwagon)を試して分かったメリット、デメリット。横型のエアバギーココダブルとの比較も。

縦型双子ベビーカーのキンダーワゴン(kinderwagon)を試して分かったメリット、デメリット。横型のエアバギーココダブルとの比較も。

f:id:marubaff:20181006180800j:plain

双子ベビーカーはタテ型?ヨコ型?@双子育児おやじのまるばです。

二つのタイプのベビーカーを実際に使っています。

キンダーワゴンとは?

f:id:marubaff:20181006181126j:plain

2人乗りのベビーカーなのに、1人乗りのベビーカーを変わらない横幅が特徴のベビーカーです。

日本育児が販売する「kinderwagon DUOシティ HOP」は、双子や年子に対応可能な使えるベビーカーです。

ちなみに、横幅は52cmです。

f:id:marubaff:20181006181245j:plain

甲子園の柵の間も楽々通過できます。

 もちろん電車の改札も簡単に通過可能です。

Amazonでの価格が、34,800円と双子ベビーカーの中では、平均的な値段だと思います。

f:id:marubaff:20181006181142j:plain

キンダーワゴンのたたみ方

少しコツがいるのが、キンダーワゴンのたたみ方です。

f:id:marubaff:20181006212534j:plain

青色の部分を少し上にあげて、ロックを解除。

赤い部分を踏んで前に倒します。

f:id:marubaff:20181006212613j:plain

少し倒したら上記の写真のような感じです。

さらに前に倒すと折りたためます。

f:id:marubaff:20181006212652j:plain

フックを引っかければさらにコンパクトになります。

双子くんとのサイズ比較。

f:id:marubaff:20181006212820j:plain

コンパクトになるものの、一人用ベビーカーに比べればやはり大きいです。

収納スペース

足の下にスペースがあります。

f:id:marubaff:20181006213036j:plain

ちなみにタオルの部分は、足置きです。

f:id:marubaff:20181006213105j:plain

カップホルダーも装着可能です。

リクライニングの角度

縦型ベビーカーのため、前席と後ろ席でリクライニングの角度が違います。

前席

前の席はあまりリクライニングすることができません。

f:id:marubaff:20181006213509j:plain

公式サイトによると、前席の角度は90〜110度です

f:id:marubaff:20181006213223j:plain

後ろ席

後ろ席は大きくリクライニングできます。

f:id:marubaff:20181006213653j:plain

公式サイトによると、後ろ席の角度は90〜130度です

ちなみに、子どもを後ろから入れることも可能です。

f:id:marubaff:20181006213759j:plain

メリット・デメリット

キンダーワゴンを実際に使って、色々なところに行ってみた結果分かったことです。

思っていたより使いやすかったです。

キンダーワゴンを実際に使って分かったメリット

f:id:marubaff:20181006213935j:plain

購入して1か月以上使ってわかったメリットはこちらです。

・電車の改札をスイスイ通れる。
・狭い通路のお店も動きやすい。
・値段がエアバギーココダブルの半額以下。
・縦型だけど、後ろの子も前が見やすい。
・日差しよけが全面に可能。

電車は乗りやすくなりました。

キンダーワゴンのデメリット

f:id:marubaff:20181006213830j:plain

1か月以上使った結果の少し不便なのはこちら。

・折りたたんだ時にコンパクトだが持ち運びにくい。壁にたてかけるのも難しい。
・片手で動かすのが難しい。一人を抱っこしながら、もう一人をベビーカーの乗せるが難しい。
・取っ手の場所がやや高いので、背の低い女性が動かすには力が必要。
・双子感があまりない。一瞬普通のベビーカーに見えます。

特に困るのが一人がぐずった時です。片手で一人を抱っこしながら、ベビーカーを動かすのが大変です。

雨の日のキンダーワゴン

キンダーワゴンにはレインカバーもありますが、傘を使ってこんなことも可能です。

f:id:marubaff:20181006212031j:plain

ヨコ型ベビーカーだと、傘の幅が足りませんが、タテ型なら可能です。

f:id:marubaff:20181006212159j:plain

キンダーワゴンの前席は6ヵ月から3歳頃まで。

後席は3ヵ月から3歳頃まで。前後席ともに体重制限〜18kgまでです。

今までメインで使っていたエアバギーココダブル

f:id:marubaff:20181006214316j:plain

双子くんが生まれて買った初めてのベビーカーはエアバギーココダブルです。

これに本当にお世話になりました。

f:id:marubaff:20181006214647j:plain

双子のベビーカー選びのポイントは「サイズ」と「お声がけ」

中古のエアバギーココダブル(エスプレッソ)を手に入れた。D型エアポンプを使ったタイヤの空気入れについて、公式サイトより詳しく解説する。

 実際に1年半使ってみて分かったメリット、デメリットを紹介します。

エアバギーココダブルのメリット

f:id:marubaff:20181006225120j:plain

・とにかく目立って双子らしさがあります。
・収納スペースが広い。
・タイヤがしっかりしていて、でこぼこ道に強い。

双子育ててるなぁーって常に感じます。

エアバギーココダブルのデメリット

f:id:marubaff:20181006224813j:plain

・電車の改札は幅が広いところしか通れない。ドン・キホーテのような通路の狭い店も動きにくいです。
・全面に日差しよけをつけられない。
・取っ手がやや太く、少し握りにくい。
・折りたたんでも大きい。

通路が狭い店には入れないですね。

まとめ

f:id:marubaff:20181006214811j:plain

縦型ベビーカー、横型ベビーカーを両方使ってみた結果、これから双子ベビーカーを買う人におすすめしたいのは、次のとおりです。

電車に乗る頻度が多い人、

よく行く店の通路が狭い人には

 

縦型ベビーカー

電車はあまり乗らない人、

大型ショッピングモールや外で使うのがメインの人には

 

横型ベビーカー

実際に使うシーンを想定して決めると間違いないでしょう!

双子ベビーカーも欲しいけど、フィンランド・ベイビー・ボックス・ムーミン版も欲しい

双子育児カテゴリの最新記事