双子くんが甲子園に出場できる確率は?

双子くんが甲子園に出場できる確率は?

f:id:marubaff:20170828013122j:plain

 花咲徳栄高校優勝おめでとう@双子育児おやじのまるばです。 

 双子くんが野球をやりたいと言うか全く不明ですが、双子くんはどれぐらいの確率で甲子園に出場できるのでしょうか?


前提

・双子くんは0歳4ヶ月のため運動能力、本人の意思は考慮しない

・親である僕は野球未経験者

・ライバルは同世代

 

根拠数字

 厚生労働省の人口動態統計の年間推計によると、平成28年の出生数は約98万人

<参照サイト>

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suikei16/dl/2016suikei.pdf

 

 出生時の男女比率は、歴史的に見ると 男:女=105:100

<参照サイト>

出生時男女比|年次統計

 

 つまり約100万人が同級生で、そのうち男子は約50万人。

 

ライバル想定

 高校野球を見ていると、出場選手の学年は高校2年生と3年生。(一部の怪物高校1年生を除く)

 つまり双子くんのライバルと考えられる同級生は2017年4月2日生まれから、2019年4月1日生まれまでの2年間に生まれた男児。

 

 ライバルは同世代100万人

 

出場できる人数

 高校野球でベンチ入りできるメンバーは18人。レギュラーは9人。試合ごとの入れ替えもあるが、簡単にするため双子くんは毎回出場できるレギュラーになるという想定。

 

 今年の第99回の甲子園の出場高校は49校。記念大会では出場校が増えることもある。例えば、来年の第100回の甲子園は56校が出場できるようになる見込み。

 

 双子くんが出場する高校2年生の時は、第115回甲子園。記念大会にはなりそうにない。

 

 そのため、出場人数は

 

 9人×49校=441人

 

出場確率

100万人の同世代のうち、甲子園に出場できる441人になれる確率は

 

0.04%

 

ちなみに、

サマージャンボの1等の確率が、0.00001%

双子の生まれる確率が、1%

 

甲子園に出場するってすごいんですね。

 

ブログへの応用

 ブログの場合、どうなるんでしょうか。

 

根拠数字

 ブロガーの数字は、厚生労働省も教えてくれないので以下のサイトを参考にすると、約600万人。

 

 ブログの場合、同世代だけじゃなく全世代がライバルになる。

 

ブログ甲子園? 

  600万人のブロガーの0.04%は

 

2,400人

 

 まずはブロガー界で2,400人に入ることが目標ですね。

 

 

まとめ 

俺ら野球やりたいっていうか分からんよ

運動神経良くないおやじの子だからなぁー

 

いろいろカテゴリの最新記事